shimaf

・・

sf_image
score_pic001 score_pic002 score_pic003 score_pic004 score_pic005 score_pic006
《patrinia yellow》for clarinet and computer (2013)
concept, programming and composition: Satoshi Fukushima







“人が花に美しさを感じるとすればそれはなぜか。
また、音楽に美しさを感じるのはなぜなのか。

音による花の一生をなぞるつもりで書いた。”(楽譜解説より抜粋)




《patorinia yellow》は独りのクラリネット奏者による演奏と、リアルタイム・サンプリング処理と4チャンネル・スピーカによる再生を想定した室内楽曲である。
奏者の演奏内容やコンピュータ内の処理は楽譜により厳密に指定されているが、舞台上でのライブパフォーマンスを前提としているため、特に奏者の演奏の間合いや音色等によって楽曲の印象は大きく変化する。その意味で演奏行為における一回性の表現を極力尊重するように楽曲構造は設計されているといえる。
また、本作が2014年の第十八回文化庁メディア芸術祭において、アート部門 優秀賞を受賞したことをきっかけに、本作品のコンセプトやコンピュータ内部の処理構造を紹介することを目的とした展示形態(レプリカ)での発表も行った。この展示に関して、奏者を想定した特別な形状のスピーカの制作、展示のバランスを整えるなどの制作協力を高橋悠+香苗(Tangent Design Inc.)の両氏 に依頼した。




【楽譜】
A5サイズ 42ページ
発行:2014年8月13日初版
著者:福島諭
発行元:fish scores




【演奏形態】
・初演:2013年10月29日(火) Seoul Art Center (韓国)
" Seoul International Computer Music Festival 2013 20th anniversary"
 Clarinet: Ikuko Suzuki
 Computer Operate: Satoshi Fukushima

・再演:2015年2月5日(木)Super Deluxe(日本、東京)
" 第18回文化庁メディア芸術祭 ラウンジトーク&ライブパフォーマンス02
「メディアアートの対抗知性/創造的ユーモア~アート部門受賞作品発表会vol.1」"
 Clarinet: Ikuko Suzuki
 Computer Operate: Satoshi Fukushima

・再演:2015年5月9日(土)(二回公演) 燕喜館(日本、新潟)
" ラ・フォル・ジュルネ新潟2015 【パシオンの冒険~コンピュータと生演奏の化学反応】"
 Clarinet: Ikuko Suzuki
 Computer Operate: Satoshi Fukushima

・再演:2016年9月17日(土) トラベラーズファクトリー中目黒 2F(日本、東京)
" G.F.G.S. LABEL 第一弾リリース記念 福島諭 LIVE "
 Clarinet: Ikuko Suzuki
 Computer Operate: Satoshi Fukushima

・再演:2016年11月26日(土) 医学町ビル 201(日本、新潟)
" G.F.G.S. LABEL 第一弾リリース記念 福島諭 LIVE "
 Clarinet: Sumi Hirose
 Computer Operate: Satoshi Fukushima

・再演:2016年11月25日(金) 新潟市中央区スペースY(日本、新潟)
"新潟の作曲家・越の風 vol.5 "
 Clarinet: Sumi Hirose
 Computer Operate: Satoshi Fukushima

・再演:2016年11月26日(土) 医学町ビル 201(日本、新潟)
" G.F.G.S. LABEL 第一弾リリース記念 福島諭 LIVE "
 Clarinet: Sumi Hirose
 Computer Operate: Satoshi Fukushima



【展示形態】
・展示:2015年2月4日(水) - 15日(日) 国立新美術館(日本、東京)
" 第18回文化庁メディア芸術祭 "
concept: Satoshi Fukushima
cooperation: Yu Takahashi + Kanae Takahashi (Tangent Design Inc.)

・展示:2015年10月9日(金)~10月25日(日) チリ国立美術館 地下 1 階 SALA MATTA (チリ、サンチアゴ)
" 第 12 回チリ・メディアアート・ビエンナーレ 文化庁メディア芸術祭企画展
「The quick brown foxp2 jumps over the lazy media.」 (すばしっこい茶色の言語遺伝子はのろまなメディアを飛び越える) "
concept: Satoshi Fukushima
cooperation: Yu Takahashi + Kanae Takahashi (Tangent Design Inc.)

・展示:2016年10月10日(月・祝)~10月30日(日) 新潟市旧齋藤家別邸(日本、新潟)
" 文化庁メディア芸術祭新潟展「記憶と記録のモノ潟り」 "
concept: Satoshi Fukushima
cooperation: Yu Takahashi + Kanae Takahashi (Tangent Design Inc.)